バス利用の費用目安

バス

他の交通機関より安上がり

国内旅行で目的地までの移動手段として自家用車を利用しない場合、出来るだけ運賃を安く済ませたいなら格安バスの利用が最適です。格安バスはいわゆる高速バスの事ですが、他の公共交通機関に比べて運賃が格安なので、格安バスと通称されたりします。一例として東京から大阪まで格安バスを利用した場合、通常の路線で約5000円ほどで、最も安い路線だと2000円から3000円ほどで東京大阪間を移動できます。東京駅から新幹線利用で新大阪まで行くと約15000円かかるので、格安バスの方が1万円ほど安く利用できる計算になります。飛行機は通常1万円で格安航空会社を利用すれば4000円から5000円程度ですが、搭乗手続きの面倒さや飛行場から観光地へのアクセスの問題などがあるので、手軽さも含めると格安バスの方が割安感があります。ただ新幹線や飛行機と比べると、速度が遅い分移動時間は長くなります。しかし夜行バスのように車内で就寝するのであれば、移動時間も無駄にはなりません。早めに目的地に到着してホテルや旅館に宿泊して睡眠をとる、と考えればその分の費用を抑えられるメリットもあります。ただ特に費用を抑えた格安バスになると、サービス面のグレードを抑えて低価格を実現しているため、乗り心地などは悪くなります。場合によっては自前でネックピローやアイマスクなどを持参するなど、快適に過ごせるように準備をしていくことも大事です。またある程度費用に余裕があれば、バスのグレードを上げて座席の数が少なく、ゆったりと座れるバスを利用するのも方法の一つです。先述の東京大阪間だと大体9000円から1万円程度の運賃を払えば、長時間の乗車でも快適に過ごせるバスが利用できます。